酒蔵・取り扱い商品のご案内

酒蔵の詳細

中国・四国エリア
金光酒造 合資会社
金光酒造 合資会社
1880年 創業当時「賀茂の露」「鬼酔」などの銘柄を使用していましたが、上位酒のブランドであった「桜吹雪」をメインブランドとして売り出しました。1994年 時代の流れにより季節雇用という蔵人制度の維持が困難になり、蔵人を大幅に減らしながらも酒造を維持できる自動プラントの導入に踏み切りました。しかし、そのプラントでは均一な酒質はできても「個性」あるものは出来ませんでした。2003年、季節雇用を廃止して社員蔵人による、広島のこの地でしか出来ない味を求め、丁寧な手作りを行って、新ブランド「賀茂金秀」を立ち上げました。そして、私達の考えや酒質を理解していただける酒販店様との直取引を行い、全国へ販売を開始しております。

酒造りに対するこだわり・特徴 酒造りに対するこだわり・特徴
「こころに残る、おしいを求めて」をキャッチフレーズに、飲んでおいしく、料理と合わせてさらにおいしいお酒を目指して酒造りをしております。効率を目指せば一回あたりの仕込み量を多くし、貯蔵はタンク、瓶詰めは熱酒充填。しかしながら、これでは私達の目指すお酒は出来ません。「フレッシュ&ジューシー」がウリの一つですので、一仕込を小さく、熟成酸化の少ない瓶で冷蔵庫にて貯蔵しなければ求める酒質はできません。また、多品種のお米や酵母を使うのではなく、麹は岡山県赤磐地区産の「雄町」。酵母は広島KA-1(9号系)を多用し、「賀茂金秀」の味の方向性を明確にしました。それにより、味わいがありながら、余韻の良さ、酸味、苦味など立体感のあるお酒にしあがっていると思います。純米造りを基本とし、伝統的な手法を用いながら、原酒でありながらアルコール13%台の日本酒にチャレンジするなど、伝統産業ということにあぐらをかかず酒造りに邁進しております。

郷土の名所や旧跡 郷土の名所や旧跡
蔵は広島県の南部に位置していますが、標高160mという盆地になっており、冬季は雪もふり氷点下も記録します。北へ15キロほど行けば、日本3大銘醸地「西条」があり、「酒蔵通り」が観光名所となっています。南へ10キロで広島杜氏の里「安芸津」があります。安芸津は軟水醸造を発見した「三浦仙三郎」先生の生誕の地であり、また、海が目の前にあり名産の「かき」が多くとれます。ちなみに「賀茂金秀」とは土地名の賀茂(昔 賀茂郡)と金光秀起の姓と名から一文字づつとって命名しました。

この酒蔵のホームページを見る
取り扱い商品

賀茂金秀 特別純米酒

賀茂金秀 特別純米酒
内容量1800ml 
価格2560円(税抜) 
原料米雄町
精米歩合50%
アルコール度数16%
日本酒度+4
酸度1.5
コメントカモキンの顔です。爽やかな香りとシャープだが柔らかな味のあるお酒。
備考 通年商品 

賀茂金秀  辛口  特別純米

賀茂金秀 辛口 特別純米
内容量1800ml 
価格2560円(税抜) 
原料米雄町
精米歩合50%
アルコール度数16度
日本酒度+8
酸度1.5
コメント緑のカモキンとまったく同じ原料を使用して、もろ味管理で辛口に仕上げました。単に辛いだけでない旨辛なお酒です。
備考 未だ限定的なご案内の商品 

賀茂金秀 純米吟醸   雄町

賀茂金秀 純米吟醸 雄町
内容量1800ml 
価格3000円(税抜) 
原料米全量雄町
精米歩合50%
アルコール度数16度
日本酒度+8
酸度非公開
コメントH22BYより香り系の酒質から熊本酵母へ統一しました。
特別純米よりも柔らかな旨みと口当たりです。
備考 通年商品 
一覧ページへ
酒蔵の詳細を見る