酒蔵・取り扱い商品のご案内

酒蔵の詳細

東北エリア
菊勇株式会社
菊勇株式会社
最上川が日本海にそそぐ港町である酒田市にあった酒造メーカーも3社4蔵が1973年に更なる発展を願い合併し、鳳南酒造と名乗っていましたが、母体となった菊勇酒造が1897年から造っていた銘柄「菊勇」が人気となったため、菊勇に社名変更し、現在に至ります。現在では、三十六人衆が人気ブランドとなっております。

酒造りに対するこだ 酒造りに対するこだ
酒造りにおいて、長年の伝統の継承、温もりと熱意が大切であると考えております。そのため、蔵は伝統ある酒樽に変わって近代的設備が導入されていますが、酒造りは品質第一と、一番大切な麹造りでは、蓋麹で行うなど、米を蒸す工程から最終段階までの全てに至り全くの手作りで行っております。代表銘柄は、辛口でキレの良い「三十六人衆」で、酒銘柄はその昔、酒田の自治組織三十六人衆に由来しています。平安時代の松、奥州藤原が滅亡した際に、主君の後室の守って落ちのびた三十六人衆の遺臣達が地侍として酒田に住みつき、廼船問屋を営んで港の繁栄を支えました。その後、戦国時代に至って、堺の会合衆のように自治的に町政を運営し、西の堺、東の酒田といわれるまで栄えた自由都市酒田の礎を築いたのでした。そんな時代を雄々しく生きた男達に因んでいます。人々の生活に根ざした毎日飲める酒を目指しています。

郷土の名所や旧跡、名物の紹介 郷土の名所や旧跡、名物の紹介
秀峰鳥海山の南に位置し、最上川、庄内平野を眼下に一眼できる景勝の地に占め、澄み切った空気と豊富な地下水など、酒造りには絶好の環境に立地しています。所有地でもある酒田市黒森は、江戸時代から続く農民歌舞伎の里で、雪の降りしきる中で観ることから雪中芝居とも呼ばれ、地域に根ざした、とても伝統のある文化のひとつです。遠方から観に来られる方も多く、厳しい東北の冬に、春の訪れを告げる行事でもあります。

この酒蔵のホームページを見る
取り扱い商品

三十六人衆 純米大吟醸 山田錦40%

三十六人衆 純米大吟醸 山田錦40%
内容量1800ml 
価格3600円(税抜) 
原料米山田錦
精米歩合40%
日本酒度±0
酸度1.2
コメント山田錦を磨き抜き、山形酵母を使用し、華やかな香りとふくらみのある味わいの大吟醸に仕上げました。
備考 通年商品 

三十六人衆 出羽の里 純米酒

三十六人衆 出羽の里 純米酒
内容量1800ml 
価格1900円(税抜) 
原料米出羽の里
精米歩合70%
日本酒度+2
酸度1.5
コメント―第5回日本全国美酒鑑評会大賞受賞―
山形の酒造米「出羽の里」で醸した爽やかな香りとすっきりした味わいが特徴の純米酒。
燗でも美味しいです。
備考 通年商品 
一覧ページへ
酒蔵の詳細を見る