酒蔵・取り扱い商品のご案内

酒蔵の詳細

東北エリア
勝山酒造 株式会社
勝山酒造 株式会社
勝山は元禄元年(一六八八年)に伊達政宗公を藩祖とする伊達家六十二万石の城下町仙台に創業。安政四年には伊達家御酒御用達を拝命して以来現在に至るまで「御用蔵」の暖簾と誇りを大切に守り醸し続けております。昭和五十七年には宮城県では最も早く全量特定名称酒に切り替え高級酒路線の旗幟を鮮明にし、平成17年には更なる高品質化を目指すと共に宮城県最初の全量純米蔵になるべく蔵を移転新築しました。

酒造りに対するこだわり・特徴 酒造りに対するこだわり・特徴
美味しいお酒を造るためには存分に人の手をかけられる酒造りの環境が大事だと考えました。そして、それまでの「日仕舞い」といわれる一日一本の醪を仕込んでいく通常の酒造りのペースでは忙しすぎるという結論を出したのです。そのため勝山では週に一本の醪だけを仕込んでいくために蔵を新築しました。一日一本から週に一本のこの新しい蔵では造り手が納得するまで丁寧な酒造りをするための時間や余裕があります。そうして勝山が目指したのは「なめらかで透明感のある旨味」です。純米系の酒を醸すからこそ伝えたい日本酒本来の美味しさと美しさを表現するため、1)力強い麹による健全な発酵、2)丁寧な酒造り、3)活性炭を一切用いない事で豊潤な純米本来の味わいの再現、4)早瓶火入れと氷温貯蔵による雑味やオフフレーバーの排除の徹底など、すべての製品をどこよりも贅沢に精緻に造り込み酒の純度を高めるよう努めています。

郷土の名所や旧跡などの紹介 郷土の名所や旧跡などの紹介
仙台での清酒の醸造は仙台藩祖伊達政宗公により始まりました。伊達家御用蔵であった勝山にとって仙台市街地が一望できる仙台城址に建つ「伊達政宗公の騎馬像」は弊社の象徴的存在です。また伊達家の霊廟である「瑞鳳殿」の荘厳な参道や桃山様式の遺風を伝える豪華絢爛な廟建築の霊屋(おたまや)や、「大崎八幡宮」の桃山建築の粋を凝らした絢爛たる社殿は弊社の酒に通じる伊達の粋を感じられます。

この酒蔵のホームページを見る
取り扱い商品

勝山 特別純米 縁

勝山 特別純米 縁
内容量1800ml 
価格3000円(税抜) 
原料米ひとめぼれ
精米歩合55%
アルコール度数15%
日本酒度+1
コメント皆様との素敵なご縁がございますようにとの願いで醸しました純米酒。
お米の旨みと恵みを感じさせる、穏やかで親しみ易い酒質です。
「さらりと飲める旨口」特別純米酒です。
備考 通年商品 

勝山 純米吟醸 献

勝山 純米吟醸 献
内容量1800ml 
価格5000円(税抜) 
原料米山田錦
精米歩合50%
アルコール度数16%
日本酒度+4
コメント献は、客人と共に楽しい晩餐を過ごす時に飲み飽きしない。
お酒が欲しいと思った蔵元が、料理と調和を奏でる食中酒で、あるようにと、醸したことに由来します。じっくりと低温で醸した華やかすぎない心地よい含み香が特徴です。
備考 通年商品 

戦勝政宗  特別純米  ゴールド

戦勝政宗  特別純米  ゴールド
内容量1800ml 
価格3000円(税抜) 
原料米ひとめぼれ
精米歩合55%
アルコール度数15%
日本酒度+1
コメント飲み心地が特徴。米は宮城を代表する地米である「ひとめぼれ」を限定吸水し、その後袋搾り、瓶火入れを駆使した純米酒です。「戦勝政宗」は伊達軍の軍旗をラベルとし、伊達な心意気と仙台を代表する酒であることを表現しました。また、売上の一部は、伊達家墓所遺跡保存整備に寄付活動しています。
備考 通年商品 

戦勝政宗 純米吟醸 プラチナ

戦勝政宗 純米吟醸 プラチナ
内容量1800ml 
価格3200円(税抜) 
原料米非公開
精米歩合55%
アルコール度数16%
日本酒度-1
コメント旨味がふくよかでなめらかな飲み心地のよい酒質です。
雑味が少なく、程良いキレイな酸味がきいており、濃醇ながらさらりと飲めます。
備考 通年商品 
一覧ページへ
酒蔵の詳細を見る