酒蔵・取り扱い商品のご案内

酒蔵の詳細

関東エリア
浅間酒造株式会社
浅間酒造株式会社
天明三年浅間山大噴火後の寛政年間に長野原町大津で創業した「櫻井酒造店」が始まりであったと言い伝えられ、明治5年に群馬県から酒造業免許の鑑札を受け本格化、その後明治末期から長野原町中心部に移り酒類製造を行っております。平成10年に近代設備を整えた新蔵を建設し稼動させた後、平成17年より休蔵していた本社工場を再稼動させ「浅間山」ブランドを立ち上げ現在にいたります。

酒造りに対するこだわりや特徴 酒造りに対するこだわりや特徴
○再現性のある酒造りを!
造り手それぞれが共通の認識を持つ為にデータを活用し再現性のある酒造りをモットーに酒造りを行っております。
○造り手たちの合言葉
「造り手が楽しんで酒を造っていなければお客様に楽しんでいただくことはできない」という考えの下、造り中は「前向きに楽しく酒を醸す」を合言葉に酒造りに励んでいます。
○出荷管理
搾ってから出荷するまでの貯蔵管理はお酒の品質に大きな影響を与えます。弊社では開栓してお酒の角が取れ熟成を楽しんでいただきたいという思いから適切な火入れと氷温貯蔵を行っております。

郷土の名所や旧跡 郷土の名所や旧跡
弊社は群馬県の蔵元の中で最西端に位置し、奥上州の大自然の中に蔵を構えております。会社名を頂いた浅間山を西に臨み、浅間山の周りには天明3年の浅間の大噴火で流出した山麗の溶岩流が雄大な自然を見せる鬼押出し園やその溶岩流を逃れ辿り着いた僅かな人だけが助かったとされ、それを奉った鎌原観音堂など浅間山に関係の深い名所がございます。

取り扱い商品

浅間山 純米 大辛口

浅間山 純米 大辛口
内容量1800ml 
価格2350円(税抜) 
原料米麹米・山田錦 掛米・吟ぎんが
精米歩合60%
アルコール度数16度
日本酒度+15
酸度1.5
コメント清涼感のあるりんごの様な爽やかな酸を感じられ、香りが良く豪快なキレ味で、ただの辛口ではない、香味が特徴な上品な辛口。口の中から驚くほどすっと無くなるキレを楽しんでいただける純米酒です。
備考 通年商品 
一覧ページへ
酒蔵の詳細を見る