酒蔵・取り扱い商品のご案内

酒蔵の詳細

東北エリア
麓井酒造 株式会社
麓井酒造 株式会社
明治27年に創業。かつて庄内藩主としてこの一帯を治めた酒井家ゆかりの方が当家を訪れ、「この水で酒屋をやらない手は無い」と強く勧められたことから造り酒屋を興したと伝えられています。現在でもこの井戸水の水質は健在で、酒造りの全ての工程に無濾過で使用されています。
商標「麓井」(ふもとい)もこの創業のエピソードと井戸水にちなんだものです。創業当時、この一帯の地名は「麓村」と申しました。東北屈指の高さを誇る名山「鳥海山」の麓にあります。そして、創業のきっかけとなった井戸水と酒井家の「井」を掛け、「麓井」と命名されました。

酒造りに対するこだわり・特徴 酒造りに対するこだわり・特徴
普通酒から吟醸酒まで大半がきもと造りで造られています。きもと造りは古来からの日本酒の造り方で、仕込み水や空気中に存在する微生物の作用によりお酒のもと「酒母」をつくりお酒を醸す方法です。そのお酒は、一般的にキレがよく、また多種多様な有機酸により味わいが深いものとなります。タイプにもよりますが、冷やからお燗まで幅広い温度で楽しむことができるお酒が多いことも特徴のひとつです。酒造りの理論が確立されていない時代、目に見えない微生物の働きに全てをゆだねるきもと造りは一度すたれましたが、現在は理論もきちんと確立され、「きもと造り」を復活させる蔵が増えています。「きもと造りはおいしいお酒を造るための技術の一つ」と考えています。

郷土の名所や旧跡 郷土の名所や旧跡
当蔵のある酒田市は、山形県の北西部に位置し、最上川が日本海と出会う古くから開けた港町です。
背後には広大な庄内平野が広がり、冬の季節風は強いものの、対馬暖流の影響を受けた温暖湿潤な気候が、わが国有数の穀倉地帯を形成しています。
北西約39キロメートルの日本海上には、山形県唯一の離島である飛島があり、秋田との県境にそびえる鳥海山(左写真)とともに、鳥海国定公園に指定されています。

取り扱い商品

麓井 生もと純米 本辛圓(ほんからまどか)

麓井 生もと純米 本辛圓(ほんからまどか)
内容量1800ml 
価格2450円(税抜) 
原料米美山錦
精米歩合55%
日本酒度日本酒度 +9.5
酸度1.4
コメント山形県を代表する銘酒。酒を口にした多くの愛酒家をその旨さに唸らせつづけています。冷やで良し、燗して良しの生酛造りの純米酒。旨みと辛みが絶妙のバランスです。
備考 通年商品 
一覧ページへ
酒蔵の詳細を見る