酒蔵・取り扱い商品のご案内

酒蔵の詳細

近畿エリア
中野BC 株式会社
中野BC 株式会社
創業者である中野利生が醤油の製造を始めたのが昭和7年。その後、昭和24年に焼酎、昭和33年に清酒製造に携わり、昭和36年に中野酒造株式会社を設立。酒蔵として和歌山でも後発ではあるが、その後も、昭和42年にみりん製造、昭和54年に梅酒製造を初め、総合酒類メーカーを目指す。また和歌山の立地を生かした梅果汁や梅エキス等の製造を行い酒類以外の分野へと技術革新を進め、平成14年に社名を中野BCとする。

酒造りに対するこだわり・特徴 酒造りに対するこだわり・特徴
梅どころ「和歌山」の立地を生かし、梅酒・梅果汁、梅酒を蒸留した梅スピリッツ等、中野BCでしかできない商品開発を心がけ、地場産業に密着した事業に取り組んでおります。中野BCは梅どころだからこそできる品質にこだわっています。自分達が生みだす味わいを知っているからこそ、梅に対する想いが違います。梅の実が摘まれる5〜6月。鮮度の良いうちに入荷し、一粒一粒に気を使って丁寧に漬け込む。最盛期には、1日10トンもの梅の実が入ってくることがありますが、社員全員で一丸になって作業に取り組みます。そしてもう一つのこだわりは、和歌山が誇る特産品である“梅”の素材を最大限に引き出すため、梅の香りを引き立たせる甲類焼酎で漬けております。「素材の良さを生かす造り」。この精神は、梅酒のみでなく、弊社で製造している日本酒、焼酎、みりんにおいても、高い品質のモノ造りを目標に、全国、全世界の方々に中野BCの商品を通して和歌山を知ってもらいたい、という想いで取り組んでおります。

郷土の名所や旧跡 郷土の名所や旧跡
紀州 和歌山は「高野・熊野」が世界遺産に登録され、全国各地から癒しを求めて来られます。夏は白浜で海水浴、冬は温泉と各地域で季節によって様々な癒しを表現してくれます。弊社が位置する海南市藤白は、熊野古道の入口である藤白神社の近く。山と海に囲まれたこの和歌山は食材の宝庫です。海では秋刀魚、カツオ、山ではミカン、梅、山椒、柿、じゃばらなど様々な食材があり、なれ寿司、めはり寿司、和歌山ラーメン、茶がゆなど、和歌山ならではの知る人ぞ知る味わいが詰まった場所です。

この酒蔵のホームページを見る
取り扱い商品

紀州のゆず梅酒

紀州のゆず梅酒
内容量1800ml 
価格2000円(税抜) 
原材料南高梅、日本酒、砂糖、醸造アルコール、ゆず果汁
アルコール度数12度
コメントゆずの本場、徳島県で生産されたゆず果汁を加えた梅酒。梅の甘味と酸味、ゆずのスッキリした香りが味わえる梅酒です。ゆず風呂で使用するように、ゆずの香り成分は果皮(かひ)に多く含まれています。その果皮(かひ)のまま しぼった果汁を使用していますので、ゆずの香り高いしぼりたての果実の香りとフレッシュ感をタップリ残した梅酒に仕上げています。
備考 通年商品 

紀州のレモン梅酒

紀州のレモン梅酒
内容量1800ml 
価格2000円(税抜) 
原材料南高梅、レモン(和歌山産)、砂糖、醸造アルコール、香料
アルコール度数12度
コメント紀州・南高梅を使用して漬け込んだ梅酒に、地元和歌山産のビタミンCが豊富なレモン果汁をたっぷり使い、梅酒の甘みとレモン果汁の酸味のバランスが絶妙な味に仕上げています。
備考 通年商品 

紀州のシークァーサー梅酒

紀州のシークァーサー梅酒
内容量1800ml 
価格2400円(税抜) 
原材料南高梅、糖類、醸造用アルコール、シークァーサー、香料
アルコール度数12度
コメント紀州産南高梅を使用した高品質の梅酒に新鮮なシークァーサーの果汁を加え、長時間熟成させることにより梅酒の甘さとシークァーサーの酸味が上手く調和した風味たっぷりの梅酒ができました。シークァーサーの果汁は風味を損なわないために搾った後、一切熱を加えないで保存されたものを使用しているので、南国のさわやかな香りそのままの梅酒です。
備考 通年商品 

紀州のはっさく梅酒

紀州のはっさく梅酒
内容量1800ml 
価格2400円(税抜) 
原材料梅実、砂糖、醸造用アルコール、はっさく(和歌山産)、香料
アルコール度数12度
コメント手搾りの和歌山産はっさく果汁をたっぷり使用。グラスにそそぐとジューシーな香りが辺り一面に広がります。はっさくのほろ苦さとほのかな梅酒の甘みが見事に調和した大人の味わい。
備考 通年商品 

紀州のイチゴ梅酒

紀州のイチゴ梅酒
内容量1800ml 
価格2400円(税抜) 
原材料梅(和歌山産南高梅)、いちご(貴志川産)、砂糖、醸造用アルコール、野菜色素、香料
アルコール度数12度
コメント紀州・南高梅だけを漬け込んだ梅酒に、地元和歌山でいちごのトップブランドである完熟「貴志川イチゴ」を荒く果汁にしたものをたっぷり加えた、梅酒の酸味といちごのほんのり甘い香りが漂うお肌に体にやさしい梅酒です。
備考 通年商品 

紀州のブルーベリー梅酒

紀州のブルーベリー梅酒
内容量1800ml 
価格2600円(税抜) 
原材料梅(和歌山産南高梅)、糖類、醸造アルコール、ブルーベリー(岩手産)、香料
アルコール度数12度
コメント「南高梅」100%の上質な梅酒に岩手県産100%の完熟ブルーベリーのフレッシュな果汁をふんだんに使用。ワインの様な深みのあるパープルの色合い、ブルーベリーの豊かで濃密な香り。
備考 通年商品 

紀州の緑茶梅酒

紀州の緑茶梅酒
内容量1800ml 
価格1980円(税抜) 
原材料梅、糖類、醸造アルコール、緑茶エキス
アルコール度数12度
コメント紀州和歌山産の南高梅を100%原料にした梅酒に国産の緑茶を使用した健康志向の梅酒です。緑茶と南高梅を原料に独自の方法で造り熟成させました。緑茶はタンニンやカテキンを多く含むので健康志向の方にもピッタリです。緑茶のさわやかな渋みと梅酒独特の甘み、それに南高梅の酸味とが絶妙にバランスのとれた梅酒です。
備考 通年商品 

紀州の緑茶梅酒

紀州の緑茶梅酒
内容量720ml 
価格986円(税抜) 
原材料梅、糖類、醸造アルコール、緑茶エキス
アルコール度数12度
コメント紀州和歌山産の南高梅を100%原料にした梅酒に国産の緑茶を使用した健康志向の梅酒です。緑茶と南高梅を原料に独自の方法で造り熟成させました。緑茶はタンニンやカテキンを多く含むので健康志向の方にもピッタリです。緑茶のさわやかな渋みと梅酒独特の甘み、それに南高梅の酸味とが絶妙にバランスのとれた梅酒です。
備考 通年商品 

紀州の赤い梅酒

紀州の赤い梅酒
内容量1800ml 
価格1980円(税抜) 
原材料梅、糖類、醸造アルコール、しその葉、野菜色素
アルコール度数12度
コメント紀州和歌山産の南高梅を100%原料にした梅酒に和歌山の特産品である紫蘇(しそ)の葉を使用した健康志向の梅酒です。鮮やかなルビー色は「赤しそ」の天然色素ならでは。見た目に楽しく、また紫蘇の有する成分も豊富。梅酒のもつ十分な甘みと酸味の後に、赤紫蘇(あかしそ)の爽やかな風味が感じられます。
備考 通年商品 

龍神往来(りゅうじんおうらい) 紅梅(こうばい)

龍神往来(りゅうじんおうらい) 紅梅(こうばい)
内容量1800ml 
価格3200円(税抜) 
原材料梅、砂糖、醸造アルコール
アルコール度数20度
コメントグラスに注ぐと綺麗なオレンジ色に輝く色合いと梅のフルーティな香りで期待は一気に高まります。口に含むとカラメルの様な深みのある濃醇な味わいに調和した上品な甘み、そして20度という高い度数を全く感じさせないまろやかな喉越しに感動。何の妥協もない究極の梅酒。
備考 通年商品 

龍神往来(りゅうじんおうらい) 碧梅(へきばい)

龍神往来(りゅうじんおうらい) 碧梅(へきばい)
内容量1800ml 
価格2600円(税抜) 
原材料梅・砂糖・琉球泡盛
アルコール度数14度
コメント本場の『琉球泡盛 南風古酒』に南高梅をたっぷり漬け込んだ贅沢な梅酒。甘さを控え、スッキリ爽やか。泡盛の風味をほのかに生かし、梅のフルーティーな風味を引き出しました。
備考 通年商品 

紀州 紅南高梅酒(べになんこううめしゅ)

紀州 紅南高梅酒(べになんこううめしゅ)
内容量1800ml 
価格3500円(税抜) 
原材料紅南高梅(和歌山産)、糖類、醸造用アルコール
アルコール度数20度
コメント第1回梅酒コンクールでグランプリを受賞
幻の高級梅紅南高梅を原料にした最高級の梅酒。
「紅南高梅」とは、和歌山産の南高梅の中でも特に日光の力を借りて、青梅の緑色の表面に鮮やかな紅色がついているものをいいます。これは樹上でよく太陽の当たる梅実だけしかならず、とても希少価値が高く、高級市場でのみ取引されている梅実です。また、天候が良い年しかできないため、雨続きの年や、曇りが多い年はキレイな紅南高梅ができず出荷さえもできない程の貴重品になります。そんな貴重な原料から生まれたのがこの「紅南高梅酒」です。
備考 通年商品 
一覧ページへ
酒蔵の詳細を見る