酒蔵・取り扱い商品のご案内

酒蔵の詳細

九州・沖縄エリア
株式会社 多良川
株式会社 多良川
昭和23年、沖縄県宮古島市の南に位置する城辺町砂川に砂川武雄代表が多良川酒造所を設立しました。昭和63年に現会長の砂川佳一が社長に就任後、本社工場の拡大、及び昭和61年に那覇営業所を設立し、沖縄本島内で本格販売開始。その後、平成10年に沖縄県南城市に瓶詰工場を新設、品質にこだわった良質の泡盛を作り続けております。中でも「琉球王朝」は発売開始と共にベストセラーとなり、今日でも多良川の主力商品として県内外、多くの皆様に愛されております。平成16年には、本社にお客様専用洞窟貯蔵庫「うぃぴゃーうぷうす蔵」を作り、お客様が購入された泡盛を洞窟で貯蔵し、古酒まで熟成させてお届けするサービスも行っております。

酒造りに対するこだわり・特徴 酒造りに対するこだわり・特徴
蠡仁廟遒梁減澆垢覽楔電臂詈婪柔鄰篭茲魯潺優薀詈を多く含んだ良質の地下水を豊富に蓄えており、この地下水や澄み切った大気、自然に囲まれた環境など、酒を造るために最適な環境にあります。その最高の環境に加えて、さらに最高の味を求め、「効率よりもこだわりを」をモットーに原料米も収得量の上がる砕米を使用せず、良質の酒を造るためにあえて丸米を使用し、水や麹も古酒・一般酒と用途に応じて使い分けております。芳醇かつ華やかな香りと、口当たりの良いまろやかな旨みを持つ蠡仁廟遒寮宿覆呂海Δ靴振いこだわりと、常に進化を求める深い探究心によって造り出されております。また、業界初のアルミ缶入り泡盛やクラッシック音楽を聴かせて熟成させる女性向け泡盛「ももこ」など新しい試みに挑戦し、業界に新風を吹き込みながらお客様に愛される泡盛造りを目指しております。

郷土の名所・旧跡 郷土の名所・旧跡
沖縄県宮古島市は沖縄本島から更に約300Km南西に位置している美しい海や空と緑の自然に囲まれた美ら島(ちゅらしま)です。毎年、夏になると多くの観光客が美しい海を求めて来島し、ダイビングや様々なマリンスポーツを楽しんでおります。その他にも、全日本トライスロン大会やプロ野球のオリックスのキャンプ地としても有名となっております。特産としては泡盛の他にもマンゴー・パッションフルーツ・さとうきびなどがありますが、中でもマンゴーは全国的にも高い評価を得ております。宮古島には沖縄本島とも異なる独自の文化も多く、宮古上布やクイチャー・オトーリなどぜひとも来島いただいて経験していただきたい文化の宝庫となっております。

この酒蔵のホームページを見る
取り扱い商品

多良川 泡盛 30度

多良川 泡盛 30度
内容量1800ml 
価格1900円(税抜) 
原材料米・米麹
コメントコク、甘味、スパイシーな後口、どれをとってもコレがレギュラー酒?と驚かされる芳醇な味わい。
備考 通年商品 

ちゅらら 泡盛古酒 25度

ちゅらら 泡盛古酒 25度
内容量1800ml 
価格2500円(税抜) 
原材料米・米麹(黒麹)
コメント宮古島のきれいな自然が、こつこつと、ゆっくり磨きあげたピッカピカの水と、杜氏の想いがひとつになってきれいな味の泡盛ができました。常圧蒸留なので古酒特有の泡盛の香りと旨さをしっかりと感じとれます。
備考 通年商品 
一覧ページへ
酒蔵の詳細を見る