酒蔵・取り扱い商品のご案内

酒蔵の詳細

九州・沖縄エリア
四ッ谷酒造 有限会社
四ッ谷酒造 有限会社
四ッ谷酒造は、九州北部宇佐八幡のお膝元、周防灘を望む大分県宇佐市に位置し、四ッ谷兼八により大正八年(1919年)に四ッ谷酒造場として創業しました。当時、四ッ谷兼八は魚市場を経営していて、九州各地に商いを広げ、その際各地で口にした焼酎の旨さが忘れられず、自らの手で旨い焼酎造りを目指したと伝聞しています。三十代半ばで戦死した三代目・四ッ谷兼彦の志を受け継ぎ、妻 シゲ子(当時30歳 2001年7月まで四ッ谷酒造場代表)が女手ひとつで焼酎造りだけは守り抜きました。その母の後ろ姿に感銘を受け高校卒業と同時に四代目四ッ谷芳文が蔵に入り、本格的に麦焼酎へ取り組み、現在への礎となりました。1999年1月、五代目四ッ谷岳昭が家業への郷愁に魅かれ、大阪から家族共々帰郷。2001年7月、四ッ谷酒造有限会社として法人成現在、四代目と五代目で創業当時から受け継がれてきた技と志で焼酎造りに専念しています。

酒造りに対するこだわり・特徴 酒造りに対するこだわり・特徴
時の流れと共に食生活が変化し、味覚も変わる。その時々での流行もある。しかし、人は、はじめて食すのにどこか「懐かしさ」を感じる普遍的な味覚・嗅覚を本能的に有すると思います。四ッ谷酒造が追い求めるものは、そんな普遍的な旨い焼酎造りへのこだわり。麦一粒一粒を大事にし、自家製常圧蒸留器を用いての蒸留、過度な精製を行わない、そんなこだわりが決して主流ではない焼酎を生み出すのです。創業以来伝承された技を基本に「創造と挑戦」で、焼酎造りを続けて行きたいと思います。お客様の「懐かしさ」を感じる顔を想像し、焼酎造りの喜びをかみしめながら。

郷土の名所・旧跡 郷土の名所・旧跡
<宇佐神宮>
宇佐神宮は全国に四万社あまりある八幡宮の総本宮。皇室は我が国鎮護の大社として御崇敬篤く、特に八幡大神が東大寺大仏建立援助の為、神輿にて上洛されたこと、また、和気清麻呂公が天皇の即位にかかわる神託を授かった故事などは有名であり、伊勢の神宮に次ぐ、宗廟、我が朝の太祖として、勅祭社に列せられている。
<宇佐海軍航空隊掩体壕>
海軍航空隊の設置が決定したのは、昭和12年のことである。昭和14年には練習航空隊が開隊し、訓練を開始する。太平洋戦争が勃発すると戦闘機、爆撃機を守るために掩体壕が必要となり、昭和18年から築造が始まった。戦時中に造営された掩体壕のうち数基と道路となった滑走路跡が今も残っている。終戦の年、ここは作戦部隊となり4月には神風特別攻撃隊が編成され、串良基地などを経て南の海へ散って行った。その数は154名に及んだといわれている。

この酒蔵のホームページを見る
取り扱い商品

宇佐むぎ 麦焼酎 25度

宇佐むぎ 麦焼酎 25度
内容量1800ml/720ml 
価格2100円/1100円(税抜) 
原材料大麦・麦麹
コメント味と香りの調和を大切にし、やわらかくて、きれいな飲み口の焼酎。軽やかな中にも奥床しい味わいが潜む気品ある酒質。
備考 限定品 

兼八(かねはち) 麦焼酎 25度

兼八(かねはち) 麦焼酎 25度
内容量1800ml/720ml 
価格2500円/1300円(税抜) 
原材料はだか麦・麦麹
コメント1919年創業以来、代々受け継がれてきた伝統の技で、麦本来の香りと味を最大限に引き出すよう努力し、既存の麦焼酎とは一線を画す香ばしい麦の香りと深みある味が楽しめる本格派麦焼酎です。
備考 限定品 

兼八原酒 麦焼酎 42度

兼八原酒 麦焼酎 42度
内容量720ml 
価格3000円(税抜) 
原材料はだか麦・麦麹
コメント(兼八)の原酒。麦本来の香りと味を最大限に引き出しました。香ばしい麦の香りと深みのある味が楽しめる本格麦焼酎。
備考 限定品 

兼八 森のささやき 麦焼酎 34度

兼八 森のささやき 麦焼酎 34度
内容量720ml 
価格3000円(税抜) 
原材料はだか麦・はだか麦麹
コメント森林資源の活用により「里山」の復活を目的に大分県酒造組合に加盟する6社が自社の焼酎を地元の小楢(こなら)で造った樽に寝かせ熟成させました。四ツ谷酒造でも兼八の原酒を小楢の樽に1年ほど寝かせたものを「森のささやき」としてリリースしています。樽醸造ならではの「琥珀色」をした焼酎で、兼八らしい香ばしい香りと木樽の香り、味わいが見事にマッチした限定品です。
備考 限定品 
一覧ページへ
酒蔵の詳細を見る